八王子 保険相談

八王子駅近辺でできる保険相談

東京都八王子市で乗車率の高いターミナル駅JR八王子駅と京王八王子駅近くには多くの生命保険相談ショップがあります。JR中央線、JR総武線、京王線、青梅線といった路線が通る駅が八王子駅です。
JR八王子駅の北口や京王八王子駅近くは大型ショッピングセンターや飲食店も多いし、保険相談窓口も多い街。八王子市は土地が安く、家賃も安いので新婚夫婦や年金で暮らす世代が多くいます。
保険を見直す世代や保険を検討しないといけない世代が多いので、保険相談する人口も多いのが八王子市民なのです。
ただ八王子駅周辺に住んでいる人だけでなく、隣の多摩市や青梅市、立川市から保険相談をするために八王子駅周辺を訪れることが多いというのも忘れてはいけません。
また八王子で支店を構える保険会社を言及しておきます。アクサ生命保険会社多摩支社、朝日生命保険会社八王子支社、アフラック八王子支社、かんぽ生命保険八王子支社、ジブラルタ生命保険会社八王子支部、太陽生命八王子支社、第一生命保険八王子支社等が挙げられます。また生命保険会社以外にも、乗合保険代理店と言われる保険相談ショップもあるので、保険相談をする場所は多数あります。
保険代理店で一番有名なほけんの窓口は八王子駅近くに2店舗あります。ほけんの窓口サザンスカイタワー八王子支店とほけんの窓口京王八王子店です。
ほけんの窓口サザンスカイタワー八王子支店は、京王八王子駅すぐのところにあって、ほけんの窓口京王八王子店は、京王八王子ショッピングセンター9Fにあります。
また、八王子東急スクエアには、みつばちほけん八王子東急スクエア店が。セレオ八王子にはほけん百花セレオ八王子店があります。
ほけんの窓口や保険百花、ミツバチ保険は当たり前ですが、訪問型保険相談サービスで営業する保険マンモスや保険のビュッフェ、ほけんの時間等の保険相談も八王子市内や八王子駅付近のファミレス・喫茶店などでできます。
ワンポイントアドバイスとして、喫茶店ファミレスの保険相談では提案資料を広げたり、隣にあるお客さんとの席間隔を保つためにもボックス席がいいでしょう。
もしあなたが行きやすい場所にファミレスないようなら、ルノアールのような広々してて落ち着いて話せる喫茶店がいいでしょう。ルノアールだと八王子駅北口にありますね。ファイナンシャルプランナー(FP)も保険の提案するときは、近くにいるお客さんに、個人情報を聞かれないためにもルノアールのような店舗で相談してもらった方が話しやすいのは間違いありません。
JR八王子駅近くや京王八王子駅近くにはファミレスや喫茶店が色々とあるので訪問型の保険相談会社で相談してもいいと思います。
どの保険相談窓口も生命保険や学資保険はもちろんのこと、病気や怪我になった際の医療保険や大きな病気ガンになった場合のがん保険、
死ぬまで保障してくれる終身死亡保険、死亡保障と生存保障が一緒なった養老保険、年金制度を補う個人年金保険など、国内の生命保険会社が取り扱う保険種類は全て取り扱いあります。
また保険相談店によっては生命保険会社の取り扱いが30社近くもあるので国内の生命保険会社商品をよく比較した上で、お客さんひとりひとりの状況にあった損のない保険選びを実現できます。
数多くの保険会社を取り扱ファイナンシャルプランナー(FP)に相談して良いところは客観的に保険の話をしてくれて、その人個人にあった保険を紹介・提案してくれることです。

保険のビュッフェといった訪問型保険相談会社は、相談するだけで商品券がもらえるキャンペーンも時たまやっているので、せっかくならキャンペーンを使って相談しましょう。
ファイナンシャルプランナー(FP)への保険相談のデメリットは面談時間が少しかかるので忙しい人にとっては相談しにくいこと。通常保険相談は1〜2時間の面談時間を取らないといけない規則になっている保険相談窓口が多いです。ファイナンシャルプランナー(FP)も色々と情報提供したいこともあるでしょうし、十分な時間がないと提案までいきません。
面談時間を十分と持った上で保険相談してくださいね。仕事の休憩時間やちょっとフラッと店舗に寄る意識では保険相談は難しいです。夜遅くまで営業してたり土日も相談できたりするので、きちんと十分な余裕を持った上で予約しましょう。
保険相談してみると今まで知らなかった生命保険会社を聞いたり、実は利率がいい生命保険、保険のうまい付き合い方、保険料を抑えた保険、正しい保険の選び方、正しく保険に入るべきタイミング等が聞けます。
このような情報はネットで調べても素人では対応できることではありません。ファイナンシャルプランナー(FP)のような保険の専門家に相談すれば適正な保険を選ぶことができます。
八王子で評判のいい保険相談窓口はネットの口コミ評判で探せばいいです。そして保険に申し込みをするまでの間にいくつかのショップに相談しましょう。いくつかの保険相談窓口を周ると本当に選ぶべき保険、入るべき保険がわかるからです。

 

医療保険に加入したきっかけ

 

20歳から一人暮らしを始め、毎日生活を維持する為に必死に働いていました。
大学や専門学校には経済的な理由で通えず、働く選択をしたのですが、忙しさや日々のストレスで、毎月のように体調を崩してしまっていました。
当時は東京に住んでいて、社員で役職もついており、体調が悪くても休めず、昼休みの時間を使い点滴をしながら仕事をする事が増え、体調を崩す度に精神的にも落ち込み、転職することにしました。

 

大阪の梅田の会社に転職してからは、あの体調不良は何だったのだろうかと思うほど、病院に通う事もなくなり、健康な状態で仕事をする事ができていました。しかし、また再発するかもしれないという不安もあり、医療保険について考え始めていた頃です。梅田 保険相談をしに、ほけんの窓口に行き、話を聞きました。その際、入院や手術に加え、通院や三大疾病にも対応できる保険があることを知り、月々の支払い額を無理のない金額に見積もりをしていただき、25歳になった月から医療保険に加入しました。

 

加入した当時は、万が一の備えだとしか思っていませんでしたが、その数年後に流産で手術と入院が必要となり、次の妊娠時も入院する期間が長く、早産であった為、医療保険に加入していてよかったと実感しました。
保険は早めに入った方がいいし、まだ考えなくても将来に備え保険のプロから話を早めに聞いたほうが良いなと感じました。